2017年10月20日 (金)

妻の遺品

 14日の朝起きると寒い。くしゃみが出る。

夏のパジャマだ。そうだ、衣替えをしなくちゃ。

 朝食の後探す。箪笥の中、ない。

押入れの中の衣装ケースの中に見つける。。

3着ある。中に袋に入ったままのものがある。多分季節の変わり目に

買ったのだろう。正札の上に別の値札がついてる。

いろいろ気を使って買ってくれてたのだ。

 

 ちょっと繕い物をしようとミシンを探す。和室の地袋の中に見つける。

昔の足踏み式なら使ったことがあるが、卓上電動ミシンは使ったことがない。

マニュアルがない。困った。何処にあるかわからない。後で探すとして取り

あえずは止める。後日見つかる。早速始めるが、目が悪いので、針の穴に

糸を通すのに一苦労。拡大鏡を使ってやっと通す。

縫い始める。足踏み式と違って、勝手が悪い。思ったところを思ったように

縫えない。試作縫いをして慣れることにした。

 娘がやってやると言うが、自分でマスターしなければ気が済まないので、

断る。頑固だと言われた。そのうち何とかなるだろう。

 明けたこともない箱や袋が沢山ある。明けてみる。きれいに包んだ中から

出てきたのは娘が七五三のお祝いにつけた髪飾りやひな人形など。

その時の写真もあった。5歳のお祝いだった。きれいな着物を着て、

あの髪飾りを付けてる。お化粧して口紅つけtて。何か窮屈そうな顔をして。

すっかり忘れていた。写真を見て思い出す。

 あの日は曇りで肌寒い日だったこと。帰りに行きつけのレストランで

食事をした。女将さんにチョコレートをもらったこと。昨日のことのように

蘇る。子供のこと忘れずに大事にしまっていたのだなあと感慨無量になる。

 娘に見せたら、あっさりと処分してしまった。・・・・・・・・?

 その他、袋の中に沢山の端切れがしまってある。洋装の裁断、デザインを

やってたので、自分の洋服は自分で作っていた。念のために残していたのだ

 沢山のボタンもあった。要らなくなった衣類を処分する時に取って残したの

だろう。

 ボタンがとれるとすぐに同じものをつけてくれた。助かった。今でも

助かってる。

 

 ミシン用の縫い糸もいろんな色のものが2.30個ある。

その他、ファスナー、ゴム紐等々。

やはり昔人間だなあ。勿体ない。いつか役に立つ。と思ってたのだろう。

 まだ全部は終わっていない。

 箪笥の中や装ケースの中の衣類を見ると、旅行に行ったときや、普段の

姿が。思い浮かぶ。

 帽子もたくさん出てきた。若いころから帽子のよく似合う人だった。

リキの写真と一緒に棺に入れた。今頃好きだった帽子をかぶって、リキと

一緒に散歩してることでしょう。

 

 年とってからは、一人にならず、出来るだけ人との交流があったほうがいい

よと言ったら、早速公民館の学習グループの七宝焼きを始めた。

 その時の材料や試作品が箱の中から沢山出てくる。

ブローチやペンダントが好きだったので、いろいろある。

 フォークダンスもやっていた。ダンスの時にはくスカートも出てきた。

文化祭の時、そのスカートを付け、皆と踊ってる写真があった。

 箪笥の小引き出しの中から、指輪なども見つける。

インドで買って帰ったスタールビーがお気に入りでいつもつけてた。

指のサイズが合わず、補修にだしたら、これは「海外のものですね」と言われ

た。台座のデザインですぐわかるらしい。

 その他数個の石だけもある。紅色のルビーが多い。ネクタイピンや

ペンダントもなるがそのまま残っている。

 その他、腕時計がある。文字盤の小さなもの。いわゆるミニ時計。こんなも

のの流行があったのを覚えている。

 片付けていくうちまだまだいろいろ出てきそう。

 遺された一つ一つに思い出がある。

 今日、18日は6日ぶりにいい天気になる。溜まった洗濯をする。

からっとよく乾きそう。日差しで部屋の中が明るい。気持ちいい。

何処からかキンモクセイが匂ってくる。木々の葉っぱが落ち始める。 

Dscn8691
             庭の山茶花が一輪だけ咲いています。

 

2017年10月15日 (日)

舌戦

  10日に衆院選の公示が締め切られ、いよいよ22日に向けて選挙戦が

始まった。

各党は早速党首が街頭に出て、アピールを始める。

 大義なき急きょ解散を断行した自民党与党。森、加計是非問題などで国民

が不満を感じてるであろうと、少なからず危機感を持ってるのは事実。
 
 安倍総理は消費税の10%へのUPを予定通り行い、その財源の使い道に

ついて教育や、幼児の医療費、保育費の無償化など、社会保障の充実を訴

える。

それを基に消費税の増税の是非を問う選挙であると、解散理由の後付けの

大義とした。
 
 あの若い人気のある議員を街頭に繰り出させ、アピールする。

彼は、安倍総理の森、加計問題は総理自身でしっかり説明すべきと発言。

小池知事に対しては3つのことで感謝してると、ほめちぎり作戦。

また、安倍総理自身は、今までの施政の効果を説明、希望の党を厳しく批

判.kこれからの日本の政治は、自公連立政権でしか出来ないとアピール。

国民の信頼回復に懸命だ。

 今回の選挙の台風の目である小池知事率いる「希望の党」はじめ、野党は

政権選択の選挙であると銘打って「消費税増税凍結、反対、原発ゼロ」を

柱に‌旧民進党や日本維新の会などと提携、安倍一党支配を厳しく追及、

批判。政権交代を叫ぶ。同じく教育費の無償化などを訴える。

 ‌維新の会の大阪松井知事は、現に大阪で実施出来てる教育費の無償化

が、国でできない筈はないと訴える。 

消費税のUPについて選挙の公約に入れることは、タブーとされる中、

自民党はあえてそれをメインの公約に織り込んだのは、その使い道を国民が

望んでいることに使うと印象付けたい。そして国民の信頼を回復したいう願望

の現れだ。

 希望の党はじめ、野党各党も同じような政策、公約を打ち出した

 ただ、小池さん初め野党各党は財源として企業の備蓄財源に課税すると

か、法人税のUPとか、富裕層や大企業に課税するとか言って、まちまち

だが、そう簡単にいきそうにもない。

日本の企業の99%を占める中小企業にとって、法人税の増税は経営の

負担になる。

実際、自分が法人経営をして、痛いほどわかってる。

 希望の党の方針は「何なのか」何を考えているのか、はっきりしない。

それも選挙対策の一つなのか、‌凡人には解らない。

 選挙の度に感ずることは、各議員が、「如何にして選挙に勝つか」を念頭に

どこに行こうかと右往左往する。

そもそも議員は国民に選ばれた人であり、いわゆるパブリックサーバントであ

る。しかし実際は、それを職業としてる人も少なくない。選挙に勝つことは、

彼らにとって死活問題でもある。すべてをそれにかけることも、解らないわけ

ではないが…

 人、他の党を批判してのし上がろうとする。確たる具体的な政治信念を持っ

ていればたとえ一人でも、無所属でも、国民の信頼は得られる筈。

しかし、党に属するか否かで、無所属はかなり不利であると言うのが現実。

数々の制約もある。おかしいと思う。

 TVでは連日選挙の話題や、予想で賑やかだが、自公の与党、希望の党、

立憲民主党と社民党、共産党の連合。三つ巴の戦いだ。

果たして国民の審判はどうなるか?22日の結果が待ち遠しい。

Dscn8690

 

2017年10月 8日 (日)

老いること

傘寿を過ぎるころから、なんとなく心身ともに老いを感ずるようになった。

脚腰の弱り、バランス感覚の衰え。

ちょっと足場の悪さなどに躓き、よろめく。転ぶ。尻もちをつく。

脚立に立つのが不安定など。心ではこんな筈じゃなかったのに、と思いなが

らもどうにもならない現実を嘆く。

 剣道、弓道、登山で鍛えた体には自信があっただけに、猶更感ずる。

70台半ばまでは階段も駆け上るなど、年齢の割には若かった。

加齢と言ってしまえばそれまでかも知れないが、何とも情けない。

運動不足による筋肉の衰えだろう。今更筋トレをしても、若い時のように復元

への期待は持てないとのこと。力んでも仕方がない。成り行きに任せるしかな

いと思うこの頃である。

体の方は以上の通りだが、この頃物忘れが多い。認知症の傾向はない。

脳のCT検査もしてもらったが、委縮は全くない。

神経細胞の衰えから、信号の伝達が途切れることだと言う。

●しまってる場所を変えたら、何処にしまったか忘れてる。さんざん探しても

駄目。いくら考えても思いだせない。ひょんなときに思い出す。

あった!…とホッとする。

●あれを持って来ようと立ち上がり、そこに行くのだが、さてそこに行ったら何

しに来たのか思い出せない。仕方なく前の位置に戻って「ああそうだった」と

思い出し、また出かける始末。

●何かをしようと立ち上がり、途中他のことをすると、本来の目的のことを忘

 れてる。

●置いたものを忘れてそのまま。メガネがその例。

無いことに気ずいて探し回る。

●昨日の夕食は何を食べたか思い出せないことがよくあった。

でもこの頃は自分で作ってるからそんなことはない。不思議だ。

 とにかくこんなことの繰り返しの毎日。情けないが諦めるしかない。

でも大事なスケジュールは忘れないから単なる度忘れか?

 

Kimg07121

                    琉球アサガオ   

        茂り過ぎたので剪定したら、次々と脇芽が出てきてさらに茂る。

        花の数も多くなった。 

Dscn8680

                   宿根アサガオ

        琉球アサガオと同時に植えた宿根アサガオ。

        蔓、葉は似てますが、色違い。

        両方絡み合っています。

Dscn8685
         秋が深まっていくに従って、ミカンの実が色ずいていきます。

         今年もおいしいミカンになるかな?

» 続きを読む

2017年10月 3日 (火)

終活

 秋来ぬと目にはさやかに見えねども、風の音にぞ驚かれぬる

まだまだ残暑の日もありますが、朝夕の涼しさは秋を感じます。
秋は、躍動の春と違い、すべてが衰え枯れ、眠りに入る季節。
 特に夕暮れになると、独り身の辛さ、寂しさがひとしおです。

 さて、今日の夕食は何にしようか?
魚、そうだ大根もおいしい季節。ぶり大根を作ってみよう。
立ちあがって買い物にでかける。外は何時もの通りだ。
 レシピを見て作る。結構うまく出来て美味しかった。
大根に味が染み、柔らかくて美味い。また一つ料理のデパートリーが増えた。

 年齢からして、そろそろ身の回りの不要なものを片付けるべく作業を
始めました。
 古い電話機、ラジオカセットレコーダー、ビディオカメラ、テープレコーダーなど。
奥にしまい込んであったので目につかなかったものだ。
 
 まづ写真のアルバムからです。旅行のもの、子供たちのものなどかなりの数だ。
簡易アルバムにしたのが殆ど。よくもこんなにプリントしたものだと今更驚く。
 近年のものはプリントせず、メモリーに記録してあるのでそのまま。
あっさり廃棄するには忍びず、また見ることがあるかもしれないと、一応スキャンしてメモリーに記録した後、シュレッダーにかける。
 

見てると、作業の手がしばし止まり、思い出にふける。
昨日のことのように思い出される。妻と出掛けた数々の旅の思い出。
妻のものもたくさんある。若い時のもの、懐かしい。捨てるに忍びず、一応残す。
 箪笥の中には妻の服などそのまま。いずれは処分せねばと思う。
もうすぐ一周忌。終わったら一つの区切りとして考えよう。

勿体ない精神は捨てよう。思い切ろう。そうでなければ片付かない。
騒がしい世間とは関係なく、こっちはこっちで行動しよう。

毎日いつものように日が暮れる。一日無事に過ごせたことを感謝しよう。
鯛の煮物を作った。一人で夕食を食べる
妻の遺影が見てる。「おいしい」と言いたげな顔をして…
 
「おやすみ」!

16093006

 
 

 

2017年9月24日 (日)

初めて咲きました

Dscn8668

17092401

         

         7月に苗を植えた琉球アサガオ(オーシャンブルー)

        蔓はご覧のとおり、成長旺盛で広く茂っています。

        花はなかなか咲きませんでした。

        それが今日24日朝、初めて一輪、見事な花が咲きました。

        名前の通り、鮮やかなブルーです。

         普通のアサガオより花期が遅いのはわかっていましたが、 

        調べたら、一年目は遅く、9月になって咲き出すとありました。

       これから次々咲き出すと思います。

        これだけ成長旺盛ですすから、 夏の緑のカーテンには

       いいと思います。いま、家の外壁塗装工事中で、蔓用の棚は

       外してありますが、来年はそうしようと思います。

             参考までにご覧ください こちら (YouTubeより引用)

17091301_2

be                  ↑ 9月13日撮影     

27092402

                 ↑ 9月24日撮影  

            何度も繰り返し咲き出すゼフィランサス。 

       この前は13日ごろ咲いていました。一度花は枯れ

       なくなりましたが、また花茎が伸びて 約10日ぶりに

       咲いています。

       何度も同じことを繰り返しているようです・   

 

2017年8月30日 (水)

白い花

 

Img_0475

 Img_0482 Img_0479 

   赤色のマルバルコウソウの種を植えたのに、白色の花があります。

   葉は同じハート型です。

   マルバルコウソウの白花なんでしょうか?

   花に深い切れ込みがあります。 

 

Img_0489

                    8/30 撮影       

       サギソウが今年も咲きました。液肥を与えていました。

 

160904011

        ゼフィランサスも咲いています。(ヒガンバナ科)

         殆ど手入れもしないのに、増えて行きます。

  ❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀   

Img_0484

      ツマグロヒョウモンかな? 暑い砂利の上に止まっていました。

      もう一匹のクロアゲハは、ミカンの若葉を飛び回り、時々止まって

      はお尻を葉に近づけていました。卵を産み付けてたのかな。

 

 

 

2017年8月28日 (月)

約束を守る

 妻と約束したカボチャ。約束通り作りました。

そして、1ヶ月あまり前に収穫したものを今日27日調理しました。

 

Dscn8640 Dscn8643

 大きさはあまり大きくないので、 果肉は薄いですが、まあまあの出来です。

  早速調理。昆布つゆで煮ました。

  ほくほくしておいしいです。カボチャがいいのか?調理がいいのか?

   早速、妻に供えました。「ほら、約束通り、つくりましたよ。食べてみて」

  「立派にできたわね。おいしい」 妻の声が聞こえます。

  微笑んでる。嬉しかった。

 

    早いもので、もう10か月が経ちました。

  今年は新盆。孫たちも来てくれて迎え、皆で弔いました。

  喜んでいると思います。

   やがて一周忌。一人暮らしにも大分なれてきました。

  いろいろ苦労もかけたけど、沢山旅行にも行った。

  楽しかった思い出がいっぱいです。

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

  Img_0465 Img_0464

  Img_0468  Img_0469

                               8/27撮影

                こんなにいっぱい咲いています。

 

 

 

2017年8月21日 (月)

初秋

 今年の8月は、曇りや雨の日が多く、夏らしくない気温の低い日が多く

ありました。今になってやっと暑い残暑の日が復活しました。 

 朝 、窓を開けると林で鳴く蝉の声が聞こえます。ああ、秋になったのだ

なあと感じます。

Dscn8625

  Dscn8626 Dscn8627

  Dscn8629 Dscn8623

  16080703 17072401

  17072801 Kimg0703

      毎朝、色、模様、形とりどりのアサガオが咲いています。

      朝早く起きて眺めるのは気持ちいいです。     

 

Dscn8637

  Img_0463 Img_0454

  Img_0461 Img_0462_2

     種を蒔いた「マルバルコウソウ」 ちょっと肥料をやったら

     こんなに茂って、花が咲はじめました。

     モッコウバラに覆いかぶさっています。まだまだ伸びています。

 

 

2017年7月31日 (月)

初挑戦

 

Dscn8610る  

Dscn8603

 今年は庭の南高梅がいつもの年の1/3の500gしか収穫できなかったので

 リキュール1.8リットル と氷砂糖1kg のそれぞれ半分づつ使って,梅酒と

 初めてレモン酒つくりに挑戦しました。レモン3個を使いました。

 1ヶ月半経ったので、レモンを出しました。

 上が今のレモン酒の状態です。ちょっと取り出すのが遅れて、

 ほんのちょっぴり苦みがあるようで しばらく熟成が必要です。 

 少なくとも3ヶ月以上は必要でしょう。

 

  取り出したレモン(約200g) は捨てないで、これも初めてジャムを作って

 みました。

  まづ、リキュールの匂いと、アルコールを抜くため、レモンを熱湯に

 つけて濯ぎ、ざるに上げて水を切り、グラユーム糖と水を加え、煮詰め

 ジャムが出来上がりました。材料が少ないのでちょっとだけですが、

 ちょっぴり酸味のあるおいしいジャムができました。

 なんでも初挑戦は楽しいですね。どんなものができるか期待と不安。

 でも、期待通りのものが出来ると、喜びがあります。

 

Dscn8606

         今の梅酒の状態(1ヶ月半) まだ氷砂糖が少し解けないで

         残っています。半年以上熟成させるつもりです。

         梅は食べられました。妻がこの梅が好きでポリポリと

         食べていました。思い出します。

 

 

 

 

2017年7月27日 (木)

 随想2

 前の雑木林でヒグラシの声が聞こえるようになった。

ああ、夏が来たんだなあと感ずる。

 「ふれあいの森」として、遊歩道が出来てもうかれこれ10年近くになる。

初めの頃、夏休みになると、道端に10台くらいの子供自転車が止まり、

はしゃぎながら走り回ったり、虫取り網を持ち、カブトムシなど採るなど、

それはうるさいくらい賑やかだった。

 それがこの頃まったく見られなくなった。あの頃の子供たちはもう大学生か、

社会人になってることだろう。

 子供の数が少なくなったせいか、あるいは遊びが変わったのか?

寂しい気もする。

 春には小鳥たちもたくさん来て、賑やかに鳴声も聞かれた。

家の庭の植え込みにも、すずめは勿論、メジロ、ホホジロ、シジュウガラ、

ウグイス、ヒヨドリ、ハトなど来ていた。きれいな色の小鳥もいた。

それが今は殆ど見られなくなった。春先、ウグイスの鳴き声はする。

 いるのはカラス。ねぐらにしてるのか、朝早くからうるさくてしようがない。

食べる虫が少なくなったのか、環境の変化か。

 

Dscn8599
                     07/23撮影

                アサガオ  今年の一番花

           ほかに、宿根アサガオとか、琉球アサガオと言う

           苗を見つけたので購入、植えています。

           ぐんぐん伸びていまます。まだ咲いていません。

Dscn8602

                    07/27撮影

        ぐんぐん伸びたマルバルコウソウ。ちょっと選定し

       忘れたモッコウバラのシュートに巻き付いてしまった。

       どこまで伸びるのやら。               

                      

 

«随想