« 妻の好きだった花たち | トップページ | 激しい通り雨 »

2017年4月24日 (月)

男やもめの 料理もまた 楽し

昔から 「男や?もめに蛆がわき女やもめに花が咲く」といいますが、 私は 男やもめに蛆がわかないように 毎日を努力しています 。妻が亡くなった翌日から さて、今日はどうやって食べていこうかと 悩みました。 初めのうちはどうしても わからず、 市販の レトルトや、 惣菜に 半月ばかり 頼ってきました。 娘も 気を使って 色々と やってくれましたけど、 何かしっくりいかず 、心機一転、 自分で作ることにしました。 最初 スーパーに行って 何を買っていいのか わかりませんでした。 でも勇気を出して 今日は こんなものを作りたいんだと 聞きますと、親切に教えてくれました 。今日はこれを作ってみよう と 、スマホの クックパッドで レシピを 見ながら 考えました 。この頃は レシピを 基本にして 後は 自分なりに 調味料を 加減しながら 自分の味を 作り出しています 。妻のいる時から 肉 料理、 野菜料理 、魚料理と 、ローテーションを 作っていました 。今でも それを守って やっています。 今は 料理別の 調味料もあり、 また お惣菜も 一人向けのがあり 、便利な 世の中になりました。 今は 色々な料理の レパートリーも 増えてきました 。今では 料理することが 楽しい日々です。
試行錯誤しながら だんだん 妻の味に近づいています。 頑張ります。

« 妻の好きだった花たち | トップページ | 激しい通り雨 »

コメント

こんにちは♪
 
夢閑人さん素晴らしいです!
これほど理想的にお料理を会得していかれる方は、
失礼ながら同年代の方では少ないのではないかと思います。
お店の方に聞かれたり、ネット情報、便利な調味料類、
それらの選択からして、本当に見事だと思いました。
そして、バランスも良く、だんだん奥様のお味に近づいて
いらっしゃるのですから、奥様も嬉しいと思いますよ~
ニコニコしながら応援していらっしゃるお姿も見えるようです。

🌺 ポージィさんへ
素晴らしいとか、見事だとか おっしゃいますが 、1人でやらざるを得なくなり、 やっているだけのことです 。
ただ、 分の味を出すために 少しは努力している つもりです 。
最初の頃は レシピに忠実に、 料理酒、 みりん、 醤油などを混ぜて 、割り下を作っていました。
もちろん、 今でもそうして作っているものもあります。 今では市販で、 色々なつゆとか、だしが たくさんがあります。 それを使った料理も、 色々、検索しながらやっています。
一度 カレーを作ったことがありますが 、一人では 量が多すぎるので、 今は 市販の レトルト カレーを買ってきて 、具が少ないので 、肉とか野菜を足して 追加料理しています 。
昨日は 鯖の味噌煮を 作りました。 回を重ねるごとに 上手くなり 、やっと 妻の味になりました。 我ながら よくやったもんだと 自己満足しています。 これからも 、 全てを 楽しくやっていこうと思っています。
ありがとうございました。 

わー、鯖の味噌煮まで作られたのですか。
今の若い人は多分作らないのではないでしょうか。
親の味、奥さんの味が昔と違ってきてるわけですから。
夢閑人さんが作られるお料理の方が、栄養的に考えてもずっと優れていますね。
私も顔負けという感じで、逆に頑張らねばと思ったりしました。
楽しむことが第一ですね。
もうすぐ89歳とか、私と一回りプラス1、その鍛え抜かれた心の強さに少しでも近づけたらと思いますした。

🌸 tonaさま

  最初の頃は、これからどうやって食べて行こうかと悩みました。
 スマホでレシピを調べたりして、試行錯誤しながら作りました。
  スーパーで料理をしながら試食をさしてるおばさんがいます。
 思い切って聞きました。
 「今日はこんなものを作りたいんだけど」と聞くと、丁寧に教えてくれます。
 レシピもくれました。人によって少しづつ違います。自分なりの味にするため、
 調味料を加減しながら完成してます。楽しいです。後で記録してます。
 鯛の煮物、カレイの煮物、ブリの照り焼きも作りました。おいしかったです。
 鶏肉、牛肉、豚肉料理もいくつかマスターしました。

  サバの味噌煮は妻もよく作っていました。2回くらい作ったらうまく出来ました。
 「グルラボ」というレンジで簡単に作るのも持っていますが、やはり、鍋でゆっくり
 煮込んだほうが、味も良く滲みこんでおいしいです。
  
  料理というのは、常識を極端に逸脱しなければ、食材の組み合わせ、割り下など
 自分なりにいくらでもできるものだとわかりました。創る楽しみも増えました。
 最初は家事は大変だと苦になっていましたが、今は 洗濯、掃除。苦にならなくなりました。
 でもまだ静かな夜の一人ぼっちは寂しいですけど。
 今日は、慣れたPCからの返信です。
  有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116237/70366337

この記事へのトラックバック一覧です: 男やもめの 料理もまた 楽し:

« 妻の好きだった花たち | トップページ | 激しい通り雨 »