« 実り | トップページ |  随想2 »

2017年7月24日 (月)

随想                                                                                                                                                                                                                                                             

暑くなると、髪が伸びると鬱陶しい。

床屋に出掛けようと思ったら、小雨が降ってきた。(07/23)

バスでも行けるのだが、歩いて15分位だから歩いて行こうと思ったら、

丁度駅行きのバスが来たので乗った。初めてこの区間を乗った。

 たった二停留所なので最低運賃だと思ったら、そうではなかった。

帰りは4停留所でも最低運賃なのに、「おかしい」と思ったが?

何か腑に落ちないまま「こんにちは」と店に入る。

何時もの通り、主人が{いらっしゃい}と迎えてくれる。

その一声でいくらか落ち着く。

 もうこの床屋には、こちらに住むようになって、かれこれ20数年通ってる

お馴染みさんになった。ご主人は私より一回り年下。

 床屋には老若男女、いろいろな人が来る。ほとんどがお馴染みの

固定客だ。話題の宝庫だ。

 90才以上が8人もいるとか。最高は98才だそうです。

それからいえば吾輩はまだまだだ。なるほどと思える人生訓もいろいろ

聞かされた。。

 仕事の都合とか、住まいの近くとかで、今までいろいろな床屋に行ったが、

何処に行こうかと考えているとき、妻が歩いてはちょっとあるけど、いいんじゃ

ないと言われて行った。

 初めて行った時から感じが良かった。主人は性格的に私と似てて話が

合う。仕事も丁寧。肩が凝ってると,とことんアンマしてくれる。

それが気に入って通ってる人も多い。思いやりのある人だ。

近くの人もたくさんいるが、不思議と鉢合わせしたことがない。

この頃、凌ぎやすい日は歩いて行ってる。

 鉢植えの花もたくさん店先に置いてある。中には珍しいものもある。

時には園芸談議に花が咲くこともある。

  ちょっと待ってる間に置いてある雑誌を見る。

「自衛隊」と言うのがあったので、見てみる。陸,海、空自衛隊の

いろいろ装備についての記事があった。

驚くのはその価格。例えばヘリコプター搭載のイージス艦一隻1200億円、

F2戦闘機一機103億円などなど。。何十億から何千億まである。

集団的自衛権が成立してるいま、更に増えることは明白。

そのすべてが税金で賄われる。

 憲法が改正されれば、自衛隊が益々昔の軍隊に近くなるのは

目に見えてる。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。★

 

Dscn8596

      最初に生ったカボチャを収穫しました。妻に見せる。

      「立派なものができたね」と何か苦笑いしてる。

       しばらく置いててから調理して供えよう。

      昔、郷で、母が 作っていた。

      ヒョウタンみたいに長いのや、平べったくて丸く大きいのやらが

      あった。そして少しオレンジ色に熟れてた。

      いま、スーパーで見かけるのは肌は緑で、小振り。

      味は、いわゆる「くりかぼちゃ」でほくほくしてる。

      昔のは大きくて、味は今のに較べると水っぽかった。

      改良されてるのですね。

 

  

 

« 実り | トップページ |  随想2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
床屋さんや美容院は、気持ちよくお手入れしていただける所が
見つかると、そこへ通い続けることが多いですね。
夢閑人さんのお馴染み床屋さんは20数年のお付き合いに
なるのですね。 固定客が多いのは、やはり応対・技術・
雰囲気等が良いということだと思います。良かったですね。
色々な方の色々な話題をお聞きになるのも刺激になりますね。
そういえば、私の通う美容院も20年くらいの
お付き合いになります(今数えてみて気づきました)。
最初に行った所は、こちらが言った希望を完全無視したスタイルに
仕立て上げられ、それきり行きませんで、2つ目の美容院で
落ち着いて今に至ります。
 
カボチャ収穫第1号ですね。美味しそうになりましたね。
そうそう、しばらく置いてからが良いようです。楽しみですね。
奥様苦笑いでしたか? 満面の笑みかと思いましたが(^^)

🌸 ポージィさま

 現役の頃は、お茶の水に行ってましたので、昼休みとか、
帰りに飯田橋の駅近くの床屋に行ってました。
ここも10年近く行きましたかね。お馴染みさんでした。
帰りは池袋経由になりますので、どちらからでも地下鉄で行けますから。

 それぞれ、やり方は違いますね。所変わればやり方も、話題も変わる。雰囲気も変わる。
とにかく奥さんがおしゃべりで参りました。旦那さんはおとなしい方で小さくなっていました。
お子さんは一人娘で、息子さんという方は多分養子さんだったのでは?
 何時か、お正月、靖国神社に初詣の帰り、久しぶりに寄りました。
何時もの奥さん健在でした。積もる話で弾みました。なつかしいですね。
気楽に行けるところはいいですね。

 確かに第一印象のいいところがお馴染みになります。
私も引っ越してきて、近くあったですが,どうも感じがあまり良くなかったので、
一回きりで止めました。

 なんでもそうですが、自分の気にいったところ、物を見つけると、それに執着したくなります。
床屋は情報源でもあります。近くのことでも気付かないこともありますし、助かることもあります。
 また、私にとっては憩いの場所でもあります。
やはり気楽に行けて、落ち着かれる所はいいですね。

 カボチャ。二番目もそろそろ収穫の時期になりました。こちらの方が少し大きいみたいです。
どんな味か楽しみです。

 昨日はすごく蒸し暑かったですね。今日は雨で少し凌ぎやすくなりました。

有難うございました。

 


 

 

良い床屋さんに通われて、それだけでも行くのが楽しみですね。
病院が全部そうだといいのですが、医者と美容師や理容師とは違いますね。
何処のお店でも気持ちの良い人が昔より多くなったような気がします。
スーパーでも気持ちよく気の利く対応をする人が多いです。
の点、ヨーロッパにいく時の機内から不愉快になることがありました。
ましてや向こうの店員さんやホテル関係の人や冷たい人も多いような気がします。
日本は甘えてはいけませんが、住んでいるとその差を感じますね。

まあ、立派なかぼちゃですこと。早く味わいたいですね。奥様とリキちゃんが喜んでいるでしょう。
この頃売っているかぼちゃはごりかぼちゃが多くて、品定めが大変。最近は茨木産の雪化粧?でしたか、これがほくほくして美味しいです。

🌸 tonaさま

 戻り梅雨みたいにまたぐずついた天気ですね。
日照がないだけ、凌ぎやすくて助かります。

 この頃、確かに応対が良くなったと感じます。
市役所など役所も以前に比べると随分丁寧になりました。
オリンピック招致の時の「おもてなし」が効いたのですかね?

 海外では確かにそっけなく感ずることがありました。
国民性の違いでしょうか。

 スイスのジュネーヴで、地図が欲しくて本屋さんが何処にあるか
通りがかりのご夫人に聞いたら、この方は親切丁寧に教えてくれました。
大きな本屋で、店員に地図の場所を聞いたら、指さして「あっち」と言っただけ。
近くに行ってもなかなか解らないのでまた聞いたら、その店員は案内してくれました。
人のよって違いました。

 パリで地下鉄に乗った時、全く車内放送がないので、降りる駅を間違えないように
気が気でなりませんでした。その点、日本は丁寧すぎるくらい。

 今行ってる床屋も丁寧すぎるくらい。ご主人の性格なのでしょうね。こちらにとっては有難い。
耳掃除もしてくれる。色んな職業の人がいて、花や作ったものを持ってくる。
また、いろいろと手助けをしてくれる人もいると聞きました。
施せば返ってくるのですね。思いやりの心がいかに大切なことかよくわかります。

 かぼちゃも外見だけは立派なものが出来ました。味を見ないとほんとに立派なのかわかりません。
以前のは立派でしたけど、少し水っぽかった。
 確かにこの頃のカボチャはホクホクでおいしくなりました。自作はどんな味なのか?
スーパーには沢山売ってますが、産地までは書いてあるのかわかりませんdした。
地元産のものは、栽培した人の名前まで表示してあります。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実り | トップページ |  随想2 »