« 思い出 | トップページ | 悟り »

2018年1月 7日 (日)

初詣

新しい年が明けました。

今年は、憲法改正に意欲を見せる安倍総理。中でも9条が焦点になりそう。

集団的自衛か、個別的自衛か。これにより、自衛隊の行動が決まる。

大いに納得がいくまで議論してもらいたい。そして国民に信を問いてもらいた

い。国民の半数以上の賛同がなければ成立しない。

 さて、こちらに来て50年近くなります。初詣はどこにしようかと思っていまし

た。義妹がこちらに住んでいたので聞きました。

日野の高幡不動尊と言うことで、毎年ここに行っています。

毎年欠かさず妻と行っていました。近年になり、妻が脚が不自由になり、

2回ほど、息子や、娘に変わってもらいました。二人で行けた最後は

近場の川越の「喜多院」でした。それからは一人で高幡不動に行っています。 

 娘が代わりにと言いましたが、今年はもう最後になるかもしれない。

どうしても自力で行きたく、弱った脚を気にしつつ、2日の午後行ってきまし

た。  

Kimg0759
  

Kimg0760
  ご覧のとおり、参道に着いたらものすごい人。山門にたどり着くまで

  信号待ち7回、200mを20分かかりました。

  山門を入ってもご覧のとおり。本堂の前にたどり着くまで10分位。

  やっとお詣りを済ませました。それから古いお札の納札、新しいお札を

  受け、出るまで40分。結局一時間の初詣ででした。

  くたくたに疲れ、脚はふらふら。でも、自力で成し遂げた満足感がありまし

  た。最後になるかもしれない有意義な初詣ででした。

 

Img_0024_3

  お詣りを終え、妻が好きでいつも買ってた「天津甘栗」を買いました。

  帰って供えました。「有難うね」と言ってるような顔をしてました。

   お正月にテレビを見ながら美味しそうに食べてた姿が思い出されます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。

  今日は7日、正月もそろそろお終い。北風の冷たい寒い日もありました

  が 天気に恵まれ、何よりでした。これからまた、春、夏、秋、冬、四季折々

  の1年が始ります。穏やかな年であって欲しいですね。

   さて、私も今年の誕生日で90才。7人兄弟の中で一人残り、最年長。

   2月13日に主治医が最後の精密検査をしましょうと言いますが、一応は

   断りました。どうしてもと言うことで受けますけど、結果、何が出ようと、

   もう治療はしません。残りの人生を気ままにやりたいように、 食べたい

   ものを食べ、飲みたいものを飲み、悔いのない人生を終わりたいと思っ

   ています。歌じゃないけど「わが人生に悔いはなし」です。

 

     Img_0033   Img_0032_2

   Img_0027_2  Img_0028

   Img_0030  Img_0034

   庭の花たちが、春を待ちわび、寒さにじっと耐えて咲いています。

   今日はちょっと目の調子がいいので、更新しました。

 

  

 

 

« 思い出 | トップページ | 悟り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初詣にお出かけでしたか。
こんなに混んでいて、1時間以上もよく頑張られましたね。
とても89才とは思えない行動力に敬服です。
たくさん勇気をいただきました。でも真似は出来ないです。そこまで心が強くないということです。
甘栗もう召し上がりましたか。奥様も喜んでいらっしゃるでしょうね。
「わが人生悔いはなし」と言える方は素晴らしいです。
癌で逝かれた小学校の恩師の亡くなる前の言葉がそうだったそうで、いい人生を送られたのだと思いました。
夢閑人さんもまさしくそうですね。

❀ tonaさんへ

 大変な初詣ででした。
でも行ってよかったと思っています。
どうしても行かねばと思っていたことを、何とか実行出来て
ほっよして安堵してます。おそらくこれが最後でしょう。
自分でもよく頑張ったと思っています。
少し風はありましたが、天気が良く、モノレールから富士山が綺麗に見えていました。
 
 毎年行っていますがが、この頃次第に増え、年代も様変わりしてきたと感じました。
昔はそれほどではありませんでした。初詣も世相を反映するのですかね?
小さなお子さん連れの若い方も多くなりました。
多分、自分たちが子どもの頃、親に連れられて来たのでしょうね。
 80%くらいは65才代以下、30才代の方も多くなりました。
高齢者は少なくなりました。 
 甘栗も昔変わらぬ味で美味しいです。

正直言って、こんな年まで生きていようとは思いませんでした。
結婚したころは、風邪をひきやすく、青魚に当たって蕁麻疹がよく出てました。
妻がいろいろ漢方薬屋さんと相談して、体質改善をしてくれたおかげだと感謝してます。
 90歳まで生きればもう満足です。今までの人生を振り返ると、必ずしも悔いなしとは
言えませんが、寿命的には悔いはありません。これからは気ままに生きていきます。
 来月13日の結果はどう出るかわかりませんが、体を苦しめるような延命はしません。
割り切って生きたいと思ってます。

 tonaさんは登山や、歩き、なんかで鍛えられていますので、続ければまだまだ大丈夫。
人生を楽しんでください。

 ありがとうございました。

大変遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
相変わらずの低調ブログ活動となりそうですが、スローのマイペースでも
ぼちぼち続けていきたいと思っています。
 
夢閑人さんは大賑わいの初詣に行っていらしたのですね。
ずいぶん長い行列に待ち時間も長くお疲れでしたでしょうけれど、
奥様も大好きでいらした甘栗もお求めになられ、
達成感や清々しさをお感じになられたことと思います。
 
私の母の長姉である伯母は、昨秋92歳になりました。
同じ敷地内や近所に身内はいますが、一人暮らしを頑張っています。
夢閑人さんも目のお具合など、気がかりは色々おありと思いますが、
これからもずっとお元気でいらしていただきたいです。
明日辺りからまたぐんと冷え込んできそうですから、
お気をつけてお過ごしくださいませ。
 
(先だってお返事いただきましたコメント内での夢閑人さんの
 夫の仕事のご予想‥当たりです。 もっとももう何年もマネジメントの
 仕事ばかりで、技術的なことは自らはしていませんけれど)

❀ ポージィさんへ

温かいコメント有難うございます。
 
山口の義母さまのこと。自治会のことで忙しい一年でしたね。お疲れになったでしょう。
それにご主人さまの不慮の事故、お疲れになってたのでよう。
ブログで拝見しびっくりしました。どうぞお大事になさってください。
ご自身もお大事に。
山口のご両親の完全復活を心よりお祈りいたします。

 さて、初詣ではもう最後のなるかもしれない。どうしても行かねばという
気持ちが不自由な体を振るい立たせました。
混雑していて老体には大変な初詣でしたが、それだけに達成感がありました。
妻の好きだった甘栗も買って帰ることも、一つの目的でした。
自分の思っていたことが達成できて、もう思い残すことはありません。

ご主人さまのお仕事のこと、勝手に想像し、申し上げてすみませんでした。
何か自分のやってたことによく似てましたのでつい・・・
 私は鉱山会社に就職しましたが、配属された鉱山で最初に与えられた仕事が、
せっかく習得した技術的なものとかけはなれていたのでつまらなく、
自分で希望して、同族の機械メ-カーに出向、ずっと機械エンジニア―として
過ごしてきました。
 マネジメント。私もやりましたが、責任ある仕事。気の休まる時はありませんでした。
お体第一にほどほどに。

 比較的温かかったり、急に冷え込んだり、体調管理も大変です。

 今日、眼科の診療を受けてきました。20年あまり、白内障の後、
緑内障の治療を続けています。長年の目薬の関係で角膜が傷つき、霞んで
いるため、見えにくいのです。治療用の目薬で少しづつ回復しつつあり、
今日は少し視力も上がりました。それでこうして書けるようなわけです。
今は右目だけの片目ですので大事にしたいと思っています。

ありがとうございました。
ご無理なさらないように、お気をつけてお過ごしください。
ご主人様。お大事に。

夢閑人さんへ
ご無沙汰しております。今年もよろしくお願い致します。
お元気そうで2日に高幡不動へ初参り、ごった返しているようで
大変な初詣でしたね。私は川越喜多院へ行ってきました。
思ったほど混んでなく私としてはラッキー!と言ったところ、
でも御神籤を頂くのにすごい行列でした。
昨年2月より医者通いの体になり、毎日飲み薬とも縁が切れなくなりました。
老いると言うことはこういうことなのかと納得、日々無理をせずに過ごしております。
夢閑人さんは今年90歳、ず~っと先の大先輩、これからもお体ご自愛頂き、
楽しい日々をお過ごしください。

❀ コーヒーさんへ

 コーヒーさんのブログがないので、ほんとにお久しぶりです。
忘れずに訪問して頂き、有難うございます。
お元気なようで何よりです。

 いつの間にか時が過ぎ、今年とうとう90才になります。元気にはしてます。
自分では気分的には若いつもりですが、85才を過ぎたころから
脚が弱くなり、この頃目も少し不自由になりました。
やはり、老いには勝てません。
 と言うわけで、欠かさず出かけていた高幡不動の初詣もおそらく今年が
最後になるだろうと、不自由な体に鞭打って何とか行けました。
ホッとしています。

 私も平成25年の初詣は、妻の脚が弱ってきましたので、近場の川越喜多院
に初めて行きました。境内は凄い人でしたよ。

自分でもこんな年まで生きようとは思いもしませんでした。
天が与えてくれた命。少しでも養生して長生きしたいと思っています。

 年取れば、病院通いは仕方ありません。
私も2ヶ月置きに、主治医の勧めで定期検診に行っています。
この年では少ないほうかもしれません。
 
 一人暮らしなって一年が過ぎました。
炊事、洗濯。家事一切。苦になならずに出来るようになりました。

お互いこれからの人生を悔いのないように楽しみましょう。
寒い折、風邪などひかないようにお気をお付けください。

 ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116237/72636184

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣:

« 思い出 | トップページ | 悟り »