« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

所沢航空記念公園の春

 3月29日、20数年ぶりに、航空記念公園に娘と花見に出かけました。

さくらは満開、天気晴れ、気温も21度と穏やかな花見日和。9時に着いたの

に駐車場は7・8割はもう埋まってる。

 航空発祥の地。航空発祥記念館などがある。

北側には市役所をはじめ、郵便局、NTT,税務署、警察署、法務局支所など

の官公庁施設。航空公園駅に繋がる大通りの反対側には住宅団地や小学

校。その北側には防衛医科大学や附属病院など国の施設がある。

 東側には国交省の航空交通管制所。音楽やイヴェントの殿堂

「所沢ミューズ」などがある。また北側の広い範囲には在日米軍の通信施設

がある。

 何しろ広い公園。桜もあちこちに散在。緑の林あり、四季の花木、草花の

植え込みのあるエリアもある。夏になると子供たちのはしゃぐ声の聞こえる

水の流れるせせらぎもある。野球場もある。

近くに住んでいたころ、孫たちを連れてよく来ていた。

 

 のんびりと満開の桜を愛でながら歩く。芝生の広場で、ゴム動力プロペラ

飛行機を飛ばしている大人のグループ、その横では少年たちがサッカーを

してる。反対側の林の近くからはコーラス練習中の女性のグループ。

犬の散歩の人。芝生に座って桜を眺める人。ジョギングをしてる人など

それぞれが、思いのままの一時を過ごしている。

 20数年前、妻と二人で花見に来た所にさしかかる。あの頃まだ小さかった

桜の木も成長、。立派な花を咲かせている。妻の姿を思い出す。

   こんな様子でした。

   (クリックして大きな画像をご覧ください)

 Dscn8706 Dscn8708

 Dscn8705 Dscn8710

 Dscn8709 Dscn8719
                       ↑ 昔、妻と花見をしたところ

 Dscn8711 Dscn8715

 Dscn8718  Dscn8717

 Dscn8721 Dscn8722

   やっぱり日本の桜は美しい。当たり前だが改めてそう感じた。

   とにかくすべてを忘れ、花を愛でた至福の一時でした。

 

 

2018年3月20日 (火)

悟り

2か月あまり、ブログの更新もしてない。

書くべき話題もないし、何しろ眼が不自由でできなかった。

今日は少し目の状態がいいようなので、その気になった。

 90才。自分でよくもここまで生きられたものだと感心してる。

それには妻の献身的な奉仕があったからだと感謝してる。
 
 あれがいけない、これがいけないでは、何の楽しみもない。

ギターの友人と偶に集まり演奏を楽しみ、後でおしゃべりタイムの食事会をし

ている。

とにかく今となってはストレスをかけない事がいいと思い

自分の生きたいように生活してる。そのためか、一時減った体重も元に戻っ

た。

頭の状態も非常に結構。余生を楽しんでいる。

 娘がいろいろ気を使ってくれるが、出来ることは自力でやっている。

努めて歩く。日常の買い物も重たいものはリュックに入れると6・7キロ

までは大丈夫だ。両手がフリーなのはいい。

  今まで少し監視されてたものから開放され、ほんとにフリーな環境に

なったこともある。

 

 妻の急死でいろいろなろな手続きに苦労した。

子供達には、そんなことのないようにと、すべてのことを書面や口頭で

伝え、必要なものは揃えた。もう何も気にすることはない。ただ、もう一度だけ

故郷を観たいと思うが、体調からわからない

 ここ2・3日の暖かさで庭の花たちも冬の寒さから解放され、生き生きと花を

 咲かせる。 

 

Img_0128
   好きな玄海ツツジが咲きました。以前かなり大きくなったのですが、

   枯れてしまい、新しい苗を植えました。2年目ですが、咲きました。

   枯れ木に花が咲く。ミツバツツジ「と同じ。飾り気のないのが好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »