« 初詣 | トップページ | 所沢航空記念公園の春 »

2018年3月20日 (火)

悟り

2か月あまり、ブログの更新もしてない。

書くべき話題もないし、何しろ眼が不自由でできなかった。

今日は少し目の状態がいいようなので、その気になった。

 90才。自分でよくもここまで生きられたものだと感心してる。

それには妻の献身的な奉仕があったからだと感謝してる。
 
 あれがいけない、これがいけないでは、何の楽しみもない。

ギターの友人と偶に集まり演奏を楽しみ、後でおしゃべりタイムの食事会をし

ている。

とにかく今となってはストレスをかけない事がいいと思い

自分の生きたいように生活してる。そのためか、一時減った体重も元に戻っ

た。

頭の状態も非常に結構。余生を楽しんでいる。

 娘がいろいろ気を使ってくれるが、出来ることは自力でやっている。

努めて歩く。日常の買い物も重たいものはリュックに入れると6・7キロ

までは大丈夫だ。両手がフリーなのはいい。

  今まで少し監視されてたものから開放され、ほんとにフリーな環境に

なったこともある。

 

 妻の急死でいろいろなろな手続きに苦労した。

子供達には、そんなことのないようにと、すべてのことを書面や口頭で

伝え、必要なものは揃えた。もう何も気にすることはない。ただ、もう一度だけ

故郷を観たいと思うが、体調からわからない

 ここ2・3日の暖かさで庭の花たちも冬の寒さから解放され、生き生きと花を

 咲かせる。 

 

Img_0128
   好きな玄海ツツジが咲きました。以前かなり大きくなったのですが、

   枯れてしまい、新しい苗を植えました。2年目ですが、咲きました。

   枯れ木に花が咲く。ミツバツツジ「と同じ。飾り気のないのが好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 初詣 | トップページ | 所沢航空記念公園の春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

90歳になられたのですね。
私は今年は喜寿ですが、夢閑人さんのように生きられるかしらと疑問です。
まず一人になる淋しさ、そして年齢と共にいろいろな健康上の問題で精神的にも弱りそうな気がします。
本当に夢閑人さんをお手本にしなくてはと思うこのごろです。
年下なのに情けないと思われるでしょう。
心の鍛え方も違うのですね。
故郷に行かれるといいですね。

☆ tonaさんへ

しばらく目の調子が悪く、ご無沙汰しました。
早速、有難うございます。
昨日は時ならぬ雪に驚きました。後は雨になり、すぐに消えてしまいました。
暖かかったり、寒くなったりでかないません。

よくもここまで生きられたものだと自分でも感心してます。
さすがに年を感ずるようになりました。
おそらく、九州にいたら、他人とのしがらみ、ストレスで多分潰れて
いただろうと思います。
 
 40才にして一大決心。きっぱりと止めたことが人生のターニングポイント。
妻もいろいろと同じ悩みがあり、賛成してくれた。生活上の不安はあったが
東京に出てきたことが、結果的には子供たちのためにもよかった。
友だとと二人で創めたちっぽけな会社でしたが、しがらみから逃れ、
のびのびと仕事に打ち込めました。 
 勤めてた会社の上司がいろいろ心配してくれ、同族の東京にある会社への転職も
勧めてくれましたが、大きな組織の中で働くのはもうこりごりしたので、断りました。
10年くらいやった後、独立。結局は以前勤めてた会社の要請もあって、
協力することになりました。70才まで充実した暮らしが出来ました。
人に誠意をもって尽せば、必ず助けてくれるとわかりました。
 
 あなたはこの分だとまだまだ生きられる。そのためにいろいろ検査してみませんか
と、主治医に言われたが、この年になって果たして意味があるのだろうかと思い、断った。
もうこれ以上体に負担をかけるような服薬、治療はしたくない。成り行きに任せて気ままに
暮らしたいと思っています。
 ギターの友達とまた食事会をします。楽しいです。引きこもらず、勤めて交流を持ち、自分なりに
のんびりと生きます。

 8月に娘たちが福岡まで行きますので、一緒に行き、懐かしい飯塚の友達、後輩たちとも会うことにしてますが、その時の体調によって決めます。鹿児島にも行ってみたいですが、これは一人では無理かも?


こんにちは
 
お久し振りです。目のお加減はいかがですか?
お辛いようでしたらお返事のご心配は無しにしてください。
 
無理せずできることは自分でしつつ適度に体を動かし、
ストレスを少なく、生きたいように生活。
つまるところ、それがいちばん健康長寿に良いような気がします。
リキちゃんや奥様とのお別れは大きなストレスでしたが、
少しずつ乗り越えていらしてホッとしました。
体調も気候も良い時、故郷へもいらっしゃれると良いですね。
 
私の伯母(母のいちばん上の姉)が92歳で、一人暮らしです。
(隣に若い家族、近所に私の兄夫婦がいますけれど)
ちょっと現在の夢閑人さんと似た感じかなと思っています。
その伯母には、先に旅立った他の兄弟妹(母を含む)の分まで
もっともっと長生きしてほしいと願っています。

☆ ポージィさんへ

 ほんとにお久しぶりです。
ご訪問、有難うございます。
コメント欄が閉じたままになっていましたので、どうされたかなあと
案じていました。でも更新はされてたようでしたので拝見していました。
多分、お忙しいのだらうと思っています。
眼の具合はこの頃少し良くなりました。2時間くらいの時間なら疲れず大丈夫です。

 リキが旅立って、リキには悪いと思いましたが、行けなかった旅行にも行けるようになり、
妻の行きたいところに行きました。先立たれてしまいまししたけど、よかったと思っています。
 確かに3年の間に、二つの辛い別れがあり、一時は茫然としましたが、すべては時と、
考え方で立ち直りました。今は書いてある通り、気ままに生きていくことがストレスもなく、
一番いいことだと気付きました。過去は振り返っても仕方のないことだし、前に向かって
過ごしています。90才まで生きて、これから何が起ころうとそれは天命だと思うようにしたら
気分が楽になりました。却って長生きするかもしれません?

 今日もギターの友達3人と食事をし、世間話の一時を過ごしました。
明日は久しぶりに、なかなか行かなかった花見に行きます。
とにかく一人にならず、勤めて交流を持つことが大事だと思って実行してます。

 炊事、洗濯、掃除も日常になりました。料理もいろいろ工夫してやっています。
新しい発見もあり、楽しいです。
以上のような状態ですのでご安心ください。
いろいろと気にけて頂き、有難うございます。
町内会のことなどでお忙がしいでしょうけど、お体に気ををつけてお過ごしください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116237/73049428

この記事へのトラックバック一覧です: 悟り:

« 初詣 | トップページ | 所沢航空記念公園の春 »